注意して!工場の求人のデメリット

仕事の大変さは求人情報である程度わかる

工場の求人情報にははっきりとは書かれていなくても、仕事の大変さが伝わるようなことがそれとなく匂わされている場合があります。せっかく採用した人にすぐやめられては困るので、それとなくわかるようにしておくのです。ただ、あまりにもはっきりと「重労働」とか「きつい仕事です」と書いてしまうと誰も応募してこない可能性が高くなるので、それは記しません。では、きつい仕事や環境は苦手という人であれば、求人情報のどのような記載に注意すればいいのでしょうか。
まず「根性のある方」など、応募してきてほしい人の具体例が記されている場合はちょっと注意しなければなりません。自分とは違うと思ったら応募を見送った方が無難でしょう。

学歴も経験も不問で時給がすごく高い場合は注意が必要

時給が極端に高い場合もやはり、仕事がきつい可能性があります。もちろんなにか特殊な資格、免許を持っている人を募集している場合なら時給が高くてもおかしくありません。しかし、学歴や経験不問で、時給が他の工場の求人よりも突出して高い場合は、技術はまったく不要でも体力的にものすごく大変な仕事か、あるいは精神的にとてもハードな場所での仕事かのどちらかである可能性が高いです。
残業手当に関する情報が明記されている場合も少し注意が必要でしょう。ほぼ確実に残業があるということだからです。残業を頼まれても拒否することは可能ですが、面接の段階で「残業はできるか」と聞かれ、できると答える人が採用される可能性が高いです。